商品説明

「マエストロ」とは、イタリア語またはスペイン語で、芸術の巨匠に対する称号、または敬称を意味します。
特に、西洋クラッシック音楽やオペラの名指揮者、偉大な音楽監督や作曲家への敬称として使われます。

「人と馬、馬と人。」

馬は古くから人類と共に歩んできました。最初に家畜化されたのは中央アジアで、紀元前3500年頃と推測されています。
車輪や馬具が発達すると、武器「戦車」として利用されるようになり、紀元前1500年頃には、戦車による戦争が起こったと言われています。
紀元前680年、古代ギリシャで行われたオリンピックで、初めて馬による戦車競走が行われました。
中世欧州では乗馬が貴族の間で愛好され、また、騎士道の一つとして馬術が進歩しました。
近代競馬は、16世紀のイギリスで始められ、その後現在に至るまで、世界各地で人々を魅了しています。
これまで、軍事用、輸送用、農耕用とさまざまなシーンで人を助けてきた馬たち。しかし近代は、産業革命、機械の発展により、馬の役割は減ってきました。
現代では、主に乗馬や競馬で人々を楽しませてくれる存在であり、その革は「コードバン」として、わたしたちの生活に貢献してくれています。
日本では、今も昔も、言わずと知れたランドセルの最高級革として愛され続けています。

マエストロ

オールコードバンのランドセル

究極のクラフツマンシップ

一般的に「コードバンランドセル」と言うとき、それはかぶせ(ふた)の部分だけにコードバン(馬の尻革)を使ったものを指します。
がしかし、マエストロは、かぶせだけではなく大マチ(側面)にもコードバンを使用している、オールコードバン」と呼ばれる特別仕様のランドセルでございます。
貴重で高価なコードバンを、かぶせに1枚、大マチに2枚、合計3枚を贅沢に使い、熟練の職人によって一本一本手造りで、丹念に造りあげました。

コードバン マエストロ画像

コードバン マエストロ

  • かぶせ:コードバン
  • 本体:コードバン
  • 全10色
  • 重量:約1,690g
    *天然皮革の特性上、コードバンのランドセルは、表記の重さより50g前後の誤差が生じる場合があります。底板等、付属品の重さは含まれておりません。
  • サイズ:
    【内寸】大マチ内寸高さ30.5cm×横幅23.2cm×マチ(奥行き)12.5cm
    【外寸】高さ(持ち手除く)33.5cm×横幅26.0cm×奥行き22.0cm
  • 内張り:アメ豚一枚通し
  • 背/肩ベルト:ソフト牛革
  • 金具:アンティークゴールド
  • 名入れサービス
  • ベーシックスタイル

各色10本づつの限定生産となります。

モギオリジナル・アンティークハート鋲

一度ゴールドメッキをしたものを、「バレル研磨」という方法で磨き直すことで、アンティーク風な表面に仕上げています。控えめな一粒のラインストーンがアクセントに。マエストロ、コードバンLE、たくみプレステージスムースのために新しくご用意したモギオリジナルの鋲でございます。

大マチの接ぎ(はぎ/つなぎ目)

通常、牛革や人工皮革のランドセルは、判が大きいので接ぐ必要がなく一枚で作れます。がしかし、コードバンは判が小さいので2枚を接がなくてはなりません。この「接ぎ」こそが、オールコードバンの証と言えます。

アンティークゴールド反射鋲

アンティークハート鋲は、デザイン重視のため反射鋲ではございません。一方、こちらは反射度の高い安全性重視の鋲となります。(クロ系はすべてこちらの鋲となります)

ワンタッチ錠前/アンティークゴールド仕様

今や、ランドセル業界では主流となっている「ワンタッチ錠前」を採用しています。(モギオリジナルすべてに共通)アンティークゴールドは、深みのあるコードバンのお色を一層引き立てます。上あご(金具の上部)には、MOGIのロゴを刻印してございます。

背当て/肩ベルト/持ち手

背あて、肩ベルトの裏側には、「ソフト牛革」を使用しています。天然皮革なので通気性がよく、肌触りも良く、背負い心地は最高です。持ち手は、他社では人工皮革を使用するのが一般的ですが、モギでは高級モデルにのみ牛革を使用しています。(マエストロ、コードバンLE、たくみプレステージスムース)

アメ豚一枚通し総内張り

もはやモギの代名詞と言っても過言ではない、「アメ豚一枚通し総内張り」仕立て。

アメ豚一枚通しについて詳しくは 

ネームサービス(名入れ)

かぶせ(ふた)裏のアメ豚に、熟練の職人が手書きでネームをお入れいたします。約20年間、名入れをいている専門の職人が、電気ペンで焦がしながら書く文字(ローマ字筆記体)は流麗で、まさに「職人技」でございます。

Yベロ/下ベルト/指革

貴重なコードバンの革を余すことなく使いたいとの思いから、Yベロ(かぶせ下のY字型のパーツ)/下ベルト/指革にまでコードバンを使用しています。通常は、本体牛革のランドセルでもクラリーノを使うケースも多い中で、コードバンにこだわった贅沢な仕立てになってございます。