What’s MOGI.

MOGIランドセルとは

ランドセルへの思い。

Mind.

ランドセルへのい。

お子様が誕生してから小学校ご入学を迎えるまでの、親御さま、ご家族のご苦労は筆舌しがたいことと拝察いたします。
まだ赤ちゃんだと思っていたら、気がつけばもう小学生に。泣きべそだった子も、やんちゃだった子も、みないつの間にか大きくなりました。わたしも、我が子のそんな姿に嬉しくもあり、少し寂しく感じた思い出がございます。

小学校入学は、親御さまにとっては育児の一区切りなのかもしれません。また、お子様にとっては、新しい環境へ新しい一歩を踏み出すときです。その大切なご家族の思い出の一コマに、彩(いろどり)を添えるのがランドセルではないでしょうか。

満開の桜の木の下で、ランドセルを背負った愛らしいお子様の姿は、わたしたちに、未来への希望、癒しと幸福を与えてくれます。

創業以来91年の長きにわたって、その姿を見続けてこられたことは、まさに鞄屋冥利に尽きると言っても過言ではございません。

代々ご愛顧を賜りましたお客様へは、感謝の気持ちで一杯です。これからもランドセルを通じて、ご恩返しをしていければ幸いです。零細企業ゆえ、決して多くは造れませんが、地道にひとつひとつ納得のいく、本当に良いものだけをお届けしてまいりたいと存じます。

株式会社モギカバン店 代表取締役 茂木 理亨

時代と共に。

History.

時代とに。

創業者・茂木忠治(故人)は、1901(明治34)年栃木県足利市に生れます。
当時まだ和装の時代に、生家は洋靴の製造業(後の「モテギ靴店」、現在は廃業)を営んでいました。
1929(昭和4)年、東京で修業をした後、靴では本家と競合してしまうことから、鞄職人として、となりの桐生市にて独立をしました。

次第に、腕の良い職人がいると話題になり、「茂木鞄専門店」として地域で広く知られるようになります。
弟子も増え、鞄製造工房としての地位を確立するも、第二次世界大戦中は物資がなく、ほぼ休業状態になってしまいました。(元々病弱だったため、戦争へは招集されなかったようです。)
戦後になると、思いがけず進駐軍から鞄制作の依頼が殺到し、復興を遂げます。
進駐軍は、直接牛革(なめし革)を持ち込んだので、鞄を作ったあとの残った革は無料で置いていったといいます。

左頁写真:1952(昭和27)年の様子/右頁写真:昭和初期のランドセル
左頁写真:1952(昭和27)年の様子/右頁写真:昭和初期のランドセル

それを利用して、ランドセルを初め、さまざまな鞄を作って店頭で販売したところ、大人気となったようです。
高度経済成長期に入ってまもなくの、1959(昭和34)年、初代忠治が逝去します。
しばらくして、2代目茂木巌が、忠治の一人娘だった秀子の婿養子となり跡を継ぎます。
そしてその後、資本金を増資し、有限会社から株式会社へ改組するなど、現在のモギカバン店の礎を築きました。
また、モータリゼーションによって郊外のショッピングセンターへと商業の中心が移ったのを機に、足利市、太田市などへ支店を開設しました。

3代目 茂木理亨(現社長)は、20代の頃 単身イタリアへ渡り、革製品をはじめ、建築から工業製品まで、多岐にわたりデザインの見聞を広め、帰国後は、創業の原点に立ち返り、ランドセルなどオリジナル商品の開発に力を入れます。
10年前に社長に就任すると、時代は期せずして〝工房系ランドセル〟のブームにより、脚光を浴びることとなりました。
それにともない、インターネット通販(オンラインショップ)を開設し、近年はおかげさまで、全国のお客様よりご用命を賜っております。

2016 © mogi